第三回産業牽引研究人材育成フォーラム

10月26日(水)14時~18時、大阪府立大学サイエンスホールで「第三回産業牽引研究人材育成フォーラム」を開催しました。
本フォーラムは大阪府立大学・大阪市立大学のリーディングプログラムが狙いとしている「産業界で活躍するグローバル博士研究リーダー育成」を企業と一体で進めることを趣旨に企画したものです。
過去、第一回(平成27年12月)、第二回(平成28年4月)のフォーラムでは、企業の方々に本プログラムの特徴を理解していただき、連携して産学協同育成を充実していくことを共有してきました。今回の第三回のフォーラムでは、企業の方々に育成中の学生を実際に見ていただき、直接ご指導いただきながら、本プログラムの進むべき方向性を相互に確認できました。

今回のフォーラムでは、リーディング4年次(D2)と3年次(D1)の学生21名が、自分の研究をことつくりの観点から紹介するとともに、リーディングプログラムで学んだことから自分の成長の証をアピールしました。第一回、第二回フォーラムに参加していただいた企業を中心に様々な業種から15社(注参照)、研究開発及び人事関連の22人の方々にご参加いただきました。二時間を越える熱のこもったプレゼン、ポスターセッションを通して、学生と企業の方々との活発な意見交換が出来ました。企業の方々からは、学生に対して非常に高い評価、具体的にはアンケートで夫々の企業に在籍中の博士人材に比べても産業界での活躍への期待感が高いとの評価を86%の方々からいただき、本プログラムの進んでいる方向性にご賛同いただきました。また、学生においては、今後のインターンシップ、就職等への足がかりを掴むことも出来、非常に有意義な内容となりました。

注)参加企業
カネカ、コニカミノルタ、沢井製薬、塩野義製薬、シスメックス、島津製作所、新日鐵住金、住友化学、住友電工、ダイセル、DIC、東レ、パナソニック、日立製作所、三菱電機

opening

石原副コーディネーターの司会で進行

student

履修生の紹介プレゼンテーション

poster-1

ポスターセッション風景-1

poster-2

ポスターセッション-2