イベント情報

event

府大発のオープンイノベーションの祭典 Tech-thon2016

求む!文系のアイディア、理系の技術

1. 趣旨
テックソン(Tech-thon)は、TechnologyとMarathonからつくられた造語で、『芽となる技術』の上に事業化アイディアを積み上げるものです。
「技術はあるがアイディアが欲しい」、「アイディアはあるが技術が欲しい」を実現するため、分野を問わず、様々な技術・アイディア・視点をもつ学生・教員・社会人がチームを組み、6か月かけてデザイン思考による技術とアイディアをつなぎ、社会課題の解決案を模索することで、新しい事業の芽を共創することを目的としています。また、大学・研究所および企業等が様々なステージでサポートを行います。

2. 主催・共催
主催: 大阪府立大学 Tech-thon実行委員会
共催: システム発想型物質科学リーダー養成学位プログラム(SiMS)
大阪府立大学EDGEプログラム(Fledge)

3. 対象者
プレゼンターテックソンを通じて一緒に形にするメンバーを募集したい、技術シーズ・アイディア・社会課題を提案できる人(学生・教員・社会人等どなたでも)
参加者 プレゼンターと共に、新しい事業を創り出したい・社会課題を解決したい人(学生・教員・社会人等どなたでも。10/22、23両日参加できる方が望ましい)

4. プログラム・日時・会場

【アイディアソン】
日時: 2016年10月22日(土)10:00~18:00、 23日(日)10:00~17:00
会場: 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス C1棟学術交流会館
内容: 府大内外の学生・教員の方々、企業の方々がチームを組み、技術シーズの新たな価値を創出し、
社会課題解決に向けてアイディアを絞るグループワーク

10/22   10:00 – テックソンの目的と進め方説明
藤村 紀文(大阪府大・工)
           10:30 – テクノロジーベンチャーのスタートアップ ~技術を事業にするための鍵~
津嶋 辰郎(INDEE Japan 代表取締役マネージングディレクター)
NEDO Technology Commercialization Program メンター・事業カタライザー
東京海洋大学 博士後期課程 非常勤講師
           13:00 –  技術シーズ・社会課題アイディア プレゼンテーション
ファシリテーター 松下 裕司(大阪府大・M2)、村上 美詞(大阪府大・B4)
1. 圧電効果を使った小型発電機
2. ペルチェ冷却式高性能霧箱
3. ウェアラブルエレクトロニクスの創出 ~新たなヘルスケア社会へ~
4. 人と調和する機会の創出 ~パーソナルモビリティ・ビークルからの福祉機器~
5. 物質のアレイ化と機能性空間の構成 ~自然の力を理解した機能の発現~
6. 地域創生 ~四国における地域活性化について~
7. Near Field communication(近距離無線通信)の新しい使い方を!!
8. 自転車のシェアエコノミー提案
9. 超小型自転車開発
10. 持続可能なシングルマザーの就活支援事業
11. Embedded software for IoT technology
12. フォトニクス結晶を使った簡易アレルギー検査キットの開発
           15:15 –  グルーピングワークショップ
           17:00 –  グループ決定
 (この間グループアイディアソン)
10/23  13:00 –  各グループアイディア案のプレゼンテーション

【アイディエーション・ワークショップ(事前)】
日時: 2016年12月10日(土)13:00~、11日(日)未定
会場: 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス B4棟東K102
内容: サポーター企業も参加し、アイディアソンで結成されたチームのアイディアを、プレゼンテーションとポスターで発表する。

【アイディエーション・ワークショップ(プロトタイプ案発表会)】
日時: 2016年12月14日(水)13:00~
会場: グランフロント大阪 ナレッジシアター
内容: 課題解決に向けたプロトタイプ案をサポート企業に向けて発表し、プロトタイプ作成に必要な技術・資金サポートを獲得する。

【プロトタイプ発表会】
日時: 2017年3月3日(金)※時間未定
会場: ビジネスプラザおおさか
(大阪市中央区備後町2-1-8 りそな銀行本社隣接 第二野村ビル内)
内容: 完成したプロトタイプを発表し、優秀なチームには本格的な投資を受けるチャンスが与えられる。

5. 参加費
プレゼンター・参加者ともに無料(各イベントの観覧者も無料)

6. 申し込み方法
プレゼンターこちらの申し込みフォームから
お申し込み受付後に、Tech-thon実行委員会より詳細をお送りいたします。
参加者: 申し込み不要(当日、会場に直接お越しください)

・自分の能力で、社会課題を解決してみたい。
・何かおもしろいことをしてみたい。
・テックソンを通じて企業の人とつながりたい。
そんな思いがある方は、ぜひご参加ください。

7. 問い合わせ先
〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1
公立大学法人 大阪府立大学
産学協同高度人材育成センター内 Tech-thon実行委員会
TEL: 072-254-9838 E-Mail: CSieS@21c.osakafu-u.ac.jp

Tech-thon ちらし ⇒ ダウンロード