マレーシア工科大学xSiMS交流会(11/3)

マレーシア工科大との合同演習

平成28年度JSTさくらサイエンスプラン採択事業として来日した、マレーシア工科大学の学生10名とSiMS受講生11名が参加して、簡略版のシステム思考力演習を11月3日(木)に実施しました。4つの班に分かれて、選定したシステム(装置)について要求仕様をリストアップし、両国での相違点を議論しました。昼食を含めおよそ8時間の濃密なコミュニケーションで、マレーシアでは既に”UBER”がかなり利用されていることや、炊飯器に対する要求内容が両国で大きな差異があることなど、文化の違いを感じることができると共に、相互の理解やグローバルな物の見方についてSiMS学生にとっても大変有意義な時間となりました。

※UBER: Uberとは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。(Wikipedia)

scene-1

演習風景-1

scene-2

演習風景-2

scene-3

グループ別プレゼン風景

scene-4

記念写真